225イブニングショートカウンター

短期スイングのメリットを活かしてもっと安全・確実に運用しませんか?

もし、あなたが以下の悩みをお持ちであれば、
『225イブニングショートカウンター』は あなたの強力な武器となるでしょう。


いかがですか?
もし、ひとつでも当てはまる点があれば、
まずは『225イブニングショートカウンター』を実践することをお勧めします。

『225イブニングショートカウンター』 の実践方法はとても簡単です。

Step1

PCや携帯電話でチェックしてください。日足チャートも合わせて確認する必要がありますが、この数日間の値動きが頭に入っている場合は終値だけあれば十分でしょう。MACDやボリンジャーバンドなどのテクニカル指標は使いませんから、携帯電話等でヤフー・ファイナンスの日足チャートを確認するだけでもかまいません。

↓

Step2

ずっと凝視している必要はありません。

↓

Step3

チャート・パターンからトレンド転換の可能性を判断してエントリーします。
この手法によるエントリーは、反騰であれば最安値の10円上でエントリーできる可能性の高いものです。

↓

Step4

米国指標や米国株式市場の影響で、万一相場が期待と逆方向に動いても逃げ場があります。逆に米国指標や米国株式市場をやり過ごせば、大きな利益を生み出す可能性が高まります。

↓

Step5

買いであれば短期のトレンド転換の底値。売りであれば天井でエントリーできる可能性の高い手法です。1日~8日程度のスイングで数百円の値幅獲りを狙います。

225イブニングショートカウンター』の メリットとは?

 

225イブニングショートカウンター』の メリットとは?

日経225先物の取引時間が延長となったことにより、個人投資家に新たな投資チャンスが生まれました。
といっても、単にデイトレードが可能な時間帯が増えたという単純な理由ではありません。

 

chart
※日経225先物 日中足(5分足)の例

 

デイトレードするならば、大きな値動きのある前場・後場のほうが総じてチャンスは多いものです。

イブニング(ナイト)・セッションだけを狙ってスキャルピングのようなごく短期のトレードを行おうとすれば、監視時間ばかりが長く、労多くして利少ないという結果にもなりかねません。

 

ではなぜ、イブニング(ナイト)・セッションが狙い目なのでしょうか?

実は、イブニング(ナイト)・セッションには数日間ホールドするショートスイングのエントリーポイントとして、
とても優位性があるのです。

その理由についてはこのページで明らかにしていきますので、日経225先物トレードに興味のある方はもちろん、夜間にトレードしたい方、そして投資で勝ちたいという方は、ぜひお読みください。

 

そして、イブニング(ナイト)・セッション特有のメリットがもう一つ。

イブニングのチャートをご覧いただければお分かりでしょうが、 日経225先物ラージの場合、10円刻みに動く値動きでは数時間かけても10円の値幅すら抜くのが困難なほど、値動きが小さい日が多々あります。

 

じつは、このゆったりとした値動きがメリットなのです。

イブニング(ナイト)・セッションにはノイズ(トレンド発生とは無関係な数10円幅の値動き)が少なく、トレンド転換を見決めるのに適しています。 個人投資家、ときにデイトレーダーの方にとって、このノイズは案外やっかいなものです。

「トレンドが転換した」と思ってエントリーしたものの、急速に数十円ほど戻ったため不安になり手仕舞ったところ、 今度は思った方向に株価が動いて悔しい思いをした。
という経験はありませんか?

トレードというものは不思議なもので、一度負け癖がつくと「損をするのが怖い」という心理が膨らみ、
わずかな含み損にも不安になり損切りを繰り返し損切り貧乏になることもあります。

そして、「今度こそ簡単に損切りはしない」と覚悟したときに限って含み損は膨らむばかり。
さらには、いよいよ諦めて損切りしたところ、そこが株価の転換点だったという悔やみきれないパターンも起こります。

そのような、自分の弱い心理に負けてトレードが上達しない負け組トレーダーにとって、ノイズの少ないイブニング(ナイト)・セッションというのは小さな値動きに振り回されずにトレードで勝ち癖をつける絶好のステージなのです。

もちろん、レイバスが提案するのは単に時間軸の長いデイトレードではありません。
株価の転換点にピンポイントで乗って、1日~8日程度で数百円の利幅獲りを狙う、極めて資金効率のよいショートスイングなのです。

具体的にイブニング(ナイト)にエントリーする優位性の説明をする前に、まずはイブニング(ナイト)・セッションの値動きを含んだ日足チャートの見方から説明させていただきます。

 

chart
日経225先物日足チャート (イブニング(ナイト)・セッションの値動きは翌営業日の日足に組み込まれます。)

 

それを踏まえた上で、この225イブニングショートカウンターのエントリーポイントのイメージは下の図のようになります。

chart

 

つまり、株価が短期反転するポイントにピンポイントでエントリーし、1日~数日で数百円の利幅を狙うというものです。

これにより、月に数回のエントリーで月間500円の利幅獲りも可能になります。

月間500円の利幅といえば、投資資金を一カ月で2倍以上にする資金効率です。
しかもエントリーに関しては毎日のように待機するものではありません。

後場引けまでの値動きにより「今日はチャンスだ」ということがわかり、その日だけイブニング(ナイト)・セッションの値動きを見てエントリーすることになります。

 

月に数回訪れる株価の反転ポイントに乗り、効率よく資産を増やす。

投資のひとつの理想が225イブニングショートカウンターなのです。

ぜひ、本マニュアルで習得し、勝ち組投資家へのステップを昇ってください。

 

他にも、『225イブニングショートカウンター』は、こんなトレードをあなたにもたらします。

 

エントリーは午後3時15分から午後9時の間。もちろん土日・祝日はトレードしません。

日中、お仕事をお持ちの方でも大丈夫です。そして、週末は相場のことは忘れて自分のために時間を使ってください。

 

 

取引する金融商品は日経225先物・ミニのみ。

資金に応じてミニ1枚(約4万円程度の証拠金でエントリー)から実践可能。また、投資で成功を収めた後も枚数を増やし、さらにラージにステップアップしていくことが可能になるので、仮に手持ち資金が1000万円を超えても日経225先物のみで運用が可能です。株式投資のように個別銘柄を分析する必要はありませんし、FXのように通貨の組み合わせに悩む必要もありません。

 

 

高いレバレッジで資金が加速度的に増える可能性があります。

日経225先物のレバレッジは約20倍。たとえばミニ1枚でエントリーして2日間で200円の値幅を獲った場合、2万円の利益になります。つまり約4万円の証拠金に対して50%の利益となります。この高いレバレッジと大きな値幅が、勝ちパターン知る投資家にとっては大きな魅力です。「リスクをコントロールする」可能性を高めた225イブニングショートカウンターだからこそ、高いレバレッジを味方にできるのです。

 

 

小額資金から始めて短期間で富裕層の仲間入りを目指せます。

日経225先物ミニを取引するのに必要な最低証拠金は証券会社によって異なりますが、およそ6万円。仮に参戦後3連敗したときに備えて資金に余裕を持たせたとしても8万円程度の手元資金で開始できます。そして一度の勝ちで証拠金に対して50%もの利益を生み出していけば、その資産増加ペースは驚くほど高まります。

 

 

後場の終値でエントリーチャンスが分かる。

正確には日足チャートと後場の終値から「反転が起きる可能性」を知ることができます。これにより毎日「今か今か」と反転を待つようなことはありません。午後3時15分の時点で日経225先物の終値をチェックし、「今日はエントリーしない」と判断した日は相場を忘れて自由に過ごしてください。

 

 

瞬時の判断を必要としない。

急落後の下げ止まりを狙うといっても、デイトレードのようにチャートと板情報を凝視して瞬時にエントリーするというものではありません。
イブニング(ナイト)・セッションの値動きはノイズ(数10円の価格の小刻みな動き)が少なく、トレンド転換においてもゆったりと行われます。エントリーに適した価格が2時間続いているということもよくあります。

 

 

損は小さく利益は大きく。

エントリーしたのちは損切り用の逆指値は入れてください。しかし、利益確定を急ぐ必要はありません。エントリー当日の夜にエントリー価格を上回った場合、あとは翌日以降に利益が増えていくのを待ちましょう。逆に損切りはルールに従ってきっちり行ってください。仮に勝率5割でも損小利大のトレードにより資産は増加します。

 

などなど、勝ち組投資家になるという理想を実現するメリットを持ち合わせています。

モニターに参加していただいた 皆様の声をお聞きください。

下は【225イブニングショートカウンター】の一部抜粋です。

仮に、日経平均が※※※※※※した日の大引けで買いエントリーし、
翌日の終値で決済すると、66勝43敗で勝率が60.5%になります。

そして、利益幅は3873円の利益が出ていることになります。
3873円というと日経先物1枚で387万円の利益になります。

今度は同様に※※※※※※した日の大引けで買いエントリーした場合で分析
してみましょう。

この場合は30勝18敗で勝率は62.5%、利益幅は2758円になり、
日経先物1枚で275万円の利益になります。

---------------------------------------------------------------------

仮に※※※※※※に売りでエントリーし、翌日の終値で決済すると、
39勝46敗で勝率は45.8%。

同様に※※※※で計算してみますと、14勝21敗で勝率は40%。

仮に、日経平均が※※※※※※の新規売りを除外してみますと、
233円のプラスに転じます。


重要なのは、これはロジックのほんの一部分であって、

【225イブニング・ショートカウンター】には
ここからさらに「勝率を高めて」、「 リスクを回避する」
手法が盛り込まれているということです。

 

具体的には・・・


こうした利益を上げるためのマニュアルが記載してありますから、
短期スイングに不安がある方でも、安心して取り組むことができます。

 

モニターに参加していただいた 皆様の声をお聞きください。

ギャップハンター実践から半年。溜まった資金でスイングトレードを始めました。

レイバス『ギャップハンター』でようやく勝ち癖がつき、ついに『225イブニングショートカウンター』でスイングトレードを始めることができました。

レイバスのマニュアルに出会う前の自分は、デイトレードをしていても小さな値動きに一喜一憂して、トレードに対する自信を失っていました。

多数のテクニカル指標を駆使して数分先の相場の動きを読み取ろうとしていたのですが、これまでに失った金額が大きく、「もう絶対に負けたくない」という意識ばかりが空回りして、含み損が膨らんでも損切り出来ず、逆にわずかでも利が乗るとあわてて利確。
結果、勝率は五分五分なのに資金は減っていくばかりでした。

しかし、レイバスのマニュアルを信じて実践し始めたところ、これまで失った資金を継続して回復することができました。

優位性のあるトレードルールに従い、システマチックにエントリーとエグジットを繰り返すことの重要性を学習することができました。

これまで「損するかもしれない」という不安からオーバーナイトは決してなかったのですが、「優位性があり、損失をコントロールできるルールに従えば、トータルで勝つことができる」という経験で自分の殻を破ることができました。

もちろん、利益はこれまでデイトレードでは経験したことのないほどです。
おかげで精神的にも余裕ができ、損切りが発生したときも「必要損」と割り切ることができました。

今後はショートスイングをメインにして、より時間にゆとりをもった生活ができそうです。

 

毎日、午後3時すぎの指数チェックだけが日課です。 毎日、午後3時すぎの指数チェックだけが日課です。

昼に仕事をもっていますから、夜だけのトレードというのは助かります。
午後3時15分の大引け価格を見て今日は反発するチャンスかどうかがわかるのですから、毎晩チャートを監視する必要はありません。

レイバスさんの手法は資金効率や投資成績が良好なのはもちろんですが、無駄に相場を監視する必要がないのも良いですね。

そして、午後3時15分の時点で条件に達した日だけイブニングもチャート監視。

最近はiPhoneで日経225先物チャートがリアルタイムにチェックできるようになったので、仕事の合間にイブニングの値動きをチェック。

そしてエントリー。

最初のトレードで190円幅、19万円の利益がでました。その後も連続して成功し、ラージ1枚で43万円の利益。

仕事を持ちながらの片手間のトレードとしては十分な成果です。

本当にありがとうございました。これからも1億円トレーダーを目指して頑張ります。

 

他にも、

「最安値の10円上で拾うことができました。」

「窓空け上昇する局面で前夜に仕込むことができました。」

「ロスカットが機械的にできるようになりました。」

「早仕舞いすることなく利益を伸ばせるようになりました。」

等々・・・・、

トレードスキルが向上し、利益がより多く出せるようになったとの感謝のお言葉を多数いただいております。

Q&A

レイバス販売事務局では、商品ご購入者様並びにご購入をご検討中の皆様からのメールでのお問い合わせに対して、随時サポートを行っております。

商品内容や手法等についてご不明な点がございましたらお気軽にメールくださいませ。
いただきましたお問い合わせにつきましては順番に対応しております。

また、過去に販売事務局に多く寄せられましたご質問に対して、
あらかじめこのページにて回答いたしますので、あわせてご確認ください。

Q1 初心者でも実践可能ですか?

A
手法はシンプルですので、発注、決済の注文が出せる方であれば実践可能です。
なお、本マニュアルには証券口座の開設方法は記載されておりません。日経225先物のお取引が可能な証券口座をお持ちでない方は、証券会社のホームページにて口座を開設していただく必要があります。
また、トレードツールの使用方法については解説しておりませんので、お使いの証券会社のツールで日足チャート、日中足チャートが確認できる必要があります。


Q2 パソコンが詳しくなくてもできますか?

A
デイトレードのように瞬時の判断でエントリーすることはありません。また、必要な情報は日足チャート、日中足チャートで、どちらもローソク足だけを使用します。
複雑なテクニカルサインを表示させたり、複数のチャートを同時に監視するようなものではありません。複数のモニターを使用して多くの指標やチャートを確認してトレードする手法の場合、それぞれの情報が異なるサインを出すことにより、かえって一貫したトレードができにくくなるか、極端にトレードチャンスが減ってしまう場合があります。
大切なことは全勝することではなく、優位性のあるトレードをルールに従ってたんたんと繰り返すことにあります。シンプルなルールで、着実に利を重ねながら損は小さく収める。そのためのマニュアルとなっています。


Q3 昼間に仕事を持っていてもできますか?

A
もちろんです。先にトレード手法を解説していますが、必要なのは午後3時15分以降の終値のチェックと、条件が整った日のイブニング(ナイト)・セッションの定期的な価格チェックです。逆に午前9時から午後3時10分までの前場・後場の取引時間はなにもしなくて結構です。


Q4 指定の証券会社はありますか?

A
ありません。日足、日中足(5分のローソク足で十分です)の確認ができ、発注できる環境にあれば実践できます。


Q5 携帯電話だけでもトレードできますか?

A
できます。ただし、お使いの証券会社でモバイル・トレード環境が整っていることが条件です。上記にあげたように、日足チャート、日中足チャートが確認でき、発注できることが必要です。

225イブニング ショートカウンター 225イブニング ショートカウンター

PDF版お申し込みページ

版お申し込みページ


― お支払い方法 ―

お支払い方法

 

・前回ご利用された際のメールアドレスとパスワードをご入力いただくだけでご購入が可能です。
・初めてご利用される場合は、お手数ですが、住所・氏名などのお客様情報をご登録の上お申し込みください。
弊社にてご決済を確認できた時点で、商品を発送いたします。

※ご注意事項
・本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも著者と同様の利益や効果を保証したものではございません。
・株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
・株取引には取引業者の売買手数料がかかります。

 

最後に

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。

レイバスが日経225先物のトレード手法の販売を開始してからほぼ1年。
マニュアルのユーザー様はすでに5,000名を突破しました。
現在も多くのレイバスユーザーが相場と向き合い、そして利益を手にし続けています。

デイトレーダーを含む短期トレーダーの9割が1年以内に市場から退場することを考えれば、レイバスユーザーの生存率は驚異的と言えるでしょう。

今年は、イブニング(ナイト)・セッションが午後11時30分まで延長されるという大きな変化がありました。そしてこの延長は、従来よりもチャンスを捉える可能性が広がり、またリスクを回避する可能性も高まったといえます。
個人投資家にとっては多くのメリットが増えたと考えるべきでしょう。

このイブニング(ナイト)・セッションに着目するか、
それとも無視するかによって、

225
先物のトレード成績には大きな差が生まれつつあります。

私どものマニュアルのユーザーの多くは、投資による利益は天から降ってくるものではなく、自身の成長によりつかみ取るものだということをご存じでしょう。

相場の世界は勝者が敗者の富を奪うゼロサム・ゲームです。
イブニング(ナイト)に「向き合わない」と決め込んだ投資家より、
「どうすればイブニング(ナイト)を味方にできるか」という課題に取り組む投資家の方が、
より勝利に近くなるのは自明の理です。

この『225イブニングショートカウンター』によって、
さらに多くの勝ち組トレーダーが生まれていくことを確信しています。

ぜひ、時代と変化に適応した勝ち続けるトレーダーとしてのスキルを
この『225イブニングショートカウンター』で身につけてください。

 

 

本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも著者と同様の利益や効果を保証したものではございません。
株取引は価格変動リスクを伴いますので、場合によっては損失を被る可能性があります。
株取引には取引業者の売買手数料がかかります。